ブラックホールの可視化にも使われた「スパースモデリング」とは / ディープラーニングは唯一の選択肢なのか!?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ディープラーニングの技術は2010年代の初頭にAIブームの火付け役となりました。

今まで、人類が成し遂げきれなかった画像を認識する技術が、ディープラーニングにより急発展し、多くの投資が行われています。

一方で、高性能なディープラーニングの技術を維持するためには、膨大な計算コストがかかり、学習用の大量のデータを準備する必要があり、適用領域は製造業をはじめとしたいくつかの分野に限定的になっているとも言えます。

今後は、コストがかからず、少ないデータから、高精度な認識ができる技術改善が求められています。

今回は、「ディープラーニングは唯一の選択肢なのか!?」という疑問をもとに、「スパースモデリング」という技術に注目して、わかりやすくお伝えしたいと思います。

ディープラーニングは唯一の選択肢なのか!? ディープラーニングのメリット

ディープラーニングは人間のニューロンを模したシステムであるニューラルネットワークがベースとなっている技術です。

多層構造のこのネットワークに大量の画像や音声データなどを入力することでデータに含まれる特徴を各レイヤーで自動的に学習することができます。この手法がディープラーニング特有であり、これによってディープラーニングのモデルは高い精度を誇り、人間の認識精度を上回ることもあります。

▼参考記事

AIの技術に注目が集まると同時に「ディープラーニング(深層学習)」という言葉を耳にすることが多くなった方も多いでしょう。ディープラーニングは、特に画像認識の領域で人間を超え、AIのブームを……
 
続きを読む >>
AI(人工知能)全般
大人がやっても面白ッw自宅でできるロボットプログラミング実践キット

スマートフォンがどんどん普及してから…「世はまさにIT戦国時代!?」というくらいに、さまざまなインタ …

AI(人工知能)全般
Kaggle初心者による総まとめ!基礎〜コンペの種類まで徹底解説

最近、じわじわと認知度が広まりつつあるKaggle(カグル)。「なんか名前は聞いたことある」「むしろ …

AI(人工知能)全般
AIをマーケティングに活用するには?確実に成果を出す方法3つ

AI(人工知能)をマーケティングに活用する事例は増えています。 マーケティングとは、商品が効率的に、 …