47%のプロジェクトがPoC(実証実験)に至らない。AI活用の課題は「課題がわからない」こと。−AIに関する調査結果が公開

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2019年8月9日、東京 丸の内にて日本経済新聞社が主催するイベント「Data Science Fes 2019」のプレフォーラムが開催されました。AINOWは「Data Science Fes 2019」のメディアパートナーです。

今回は、このイベントにて公開された、2018年度から実施された調査「人工知能(AI)、機械学習の産業活用に関する調査」の結果をお伝えします。

47%のAIプロジェクトがPoC(実証実験)に進まない、約4割の企業のAIの導入における課題は「課題が不明」などの結果が明らかになりました。

登壇したのは、日本ディープラーニング協会(JDLA)の理事/事務局長の岡田隆太郎氏と、この調査を実施したPwCコンサルティング合同会社の渡邊新太郎氏です。

岡田隆太郎氏 / 日本ディープラーニング協会 理事/事務局長

渡邊新太郎氏 / PwCコンサルティング合同会社

 

産業分野における人工知能及びその内の機械学習の活用状況及び人工知能技術の安全性に関する調査

この調査は「ユーザ」と「ベンダー」に分類して実施されました。ベンダー(機械学習の開発企業)のほうが技術の理解度が高く、ユーザのほうが活用に困っているという仮説によるものです。

「ユーザ」と「ベンダー」の割合は以下です。

「平成30年度成果報告書 産……
 
続きを読む >>

AI(人工知能)全般
先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2019/08/19更新】

先週(2019年08月12日~2019年08月18日)のランキング いいね数TOP20 ※諸事情によ …

AI(人工知能)全般
「AI‐TV」や「AI 育成お笑いバトル」、AIがお笑いに出演する理由

2017年10月、フジテレビ系列で放送された「AI-TV」というお笑い番組が、画期的な試みを行って話 …